ファミリービジネスコンサルティング 二代目サポート メルマガ WellSpringについて
二代目サポート
コーチング
講演・研修
無料ダウンロード
書籍・雑誌・CD
ファミリービジネスコンサルティング
メルマガ
ニューロロジカルレベル
スタッフ
WellSpringについて
お勧めリンク
お問合せ


人の持てる力を 100%発揮させ、会社のビジョン、ミッションの達成をコーチング、NLPに基づくトレーニングを通してサポートする。
実体験を生かし、二代目、三代目経営者をサポート

 WellSpring
(ウエルスプリング)

 

ビジネス本ランキング


メルマガ 
バックナンバー
   
1: 社長の意識が会社を変える
2: ビジョンを創る
3: ミーティングの前に意識を変える
4: 意識レベルを統一する
5: アイデンティティーを変える
6: 組織内の信念、価値観の葛藤
7: 社員の意欲を高める鍵は?
8: 魔法の質問で目標設定
9: 魔法の質問:エビデンス
10: 魔法の質問:エコロジカルチェック、リソース
11: 魔法の質問:チャンキング&メタアウトカム
12: 世間話は不要
13: 相手のシステムを知る
14: ラポールの達人
15: 社長コーチング無料体験キャンペーン!
16: 朝の始業時刻に社員がいない会社
17: 放っておけば必ずいなくなるお客様
18: 感動的なティッシュ配り
19: 社長の意識が日本を変える
20: 撤退作戦は社長が陣頭指揮を
21: お客様には意外なところまで見えている
22: わが社バイブルの勧め
23: 企業文化を創る
24: コアステート
25: 社長はビジョンを生きる人
26: 営業部室に怒鳴り込んだ社長
27: 4つのポジションを自由に行き来する
28: 読者のご質問特集号
29: 今は暗くて未来は明るい?
30: 過去の成功体験から抜けられない人
31: タイムラインの形
32: わが社のミッションステートメント
33: わが社のミッションステートメント その2
34: 『無意識』の威力
35: 一貫性を持ち続ける
36: す〜いっちょんっ!でアンカリング
37: 執着を手放す
38: 変革は「やんちゃなサル」から
39: 負け犬から勝つ会社へ
40: 社長の5つの仕事
41: ふとんが売れて大忙し
42: 帽子売りの神様
43: 凡人にできるセールスの極意
44: 凡人セールスの具体策
45: 凡人セールスの具体策 ミラーリング
46: 凡人セールスの具体策 情報収集
47: 「ドリーマー」が息切れ
48: イメージ療法でガンを克服
49: 「能」とミルトンモデル
50: ポジティブ思考の落とし穴
51: 一年の計は元旦のエクササイズにあり
52: 合言葉の威力
53: 潜在意識をフル活用
54: 起業家研修レポート
55: 家内安全、夫婦円満の魔法の呪文
56: 20年間のモデリング
57: 言わなきゃ伝わらない
58: MBAでは教わらないこと
59: 「現状維持」は具体的な目標ではない
60: 言葉以外のメッセージ
61: あなたにもできるモーツアルトの創作法
62: 良い営業・悪い営業
63: 人を活かす組み合わせ
64: フリーエージェントの時代
65: 世代交代:二代目社長の悩み
66: あなたのサバイバル戦略は?
67: 二代目経営者のジレンマ
68: 「今の若いものは…」の法則
69: 社長の椅子の実感
70: 親の七光を利用〜二代目は受容性で行こう!
71: 全社で取り組むマーケティング
72: これって本当かな?学習の次元を変える
73: 同族企業100年の計
74: 第3のポジションから、発見続々
75: 思い込みを変える14パターン 第1回
76: 思い込みを変える14パターン 第2回
77: 思い込みを変える14パターン 第3回
78: 思い込みを変える14パターン 第4回
79: 思い込みを変える14パターン 最終回
80: 空回りする社長
81: 「常務は何も分かっていない!」
82: スポンサーシップ(後見)とは?
83: ほめる事、叱る事
84: 対価を求めない「贈り物」
85: 肯定的・否定的スポンサーシップ
86: ゼロ・スポンサーシップ
87: 人を意欲的にする叱り方
88: 白目(しろめ)は、人間だけのもの
89: 適切なネーミング
90: 良いネーミング、悪いネーミング
91: 自分の中心とつながる
92: チベットの呼吸法:トングレン
93: あなたの会社はどんな味?
94: 倒産の条件
95: かすかなシグナルをキャッチする風土
96: 社員監視システム
97: 企業研修レポート
98: あなたの会社のビジョン、ミッションは?
99: 社運を賭けた大胆な目標
100: 利益か使命か
101: フィードバックとフィードフォワード
102: あなたと会社の関係は?
103: 社長と会社の関係
104: 会社の運転感覚
105: あなたの会社は老いた犬?

106:

相反する価値観を同時に満たす
107: 事実を見ること VS 事実を受け入れること
108: ロジカルレベルで作る名刺
109: マネージャーの発熱でチームがレベルアップ
110: 会場の準備が会議の中身を変える
111: がんばれジーコ監督
112: ヘッジファンド会社の三権分立
113: 権限委譲のステップ
114: ダース・ベイダーを変えたもの
115: ミッション・バリューの経営
116: 陰口の風土
117: NLPでリーダー脳力をグングン高める法
118: 喜びません、勝つまでは
119: ファミリービジネスコンサルティング
120: 次の世代へバトンタッチ
121: ファミリーとビジネスの境界線
 
メルマガ「社長のコーチ」

 □□□□□□□□□□□□□□□■社長のコーチ■□□□□□□□□□□□□
 Spiritual
 ■Identity
 ■■Beliefs      <一貫性を持ち続ける>
 ■■■Capabilities
 ■■■■Behaviors                    第35号
 ■■■■■Environment
 □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
                     Logical Levels by Robert Dilts

 
 昨晩の「中秋の名月」を、おだんごを供え、双眼鏡を片手にいろいろな次元で、
 お月様を楽しみました。
 
 
 晴れ渡った空にくっきりと白く輝く月を見ながら、先人たちも同じ月を愛でて
 いたのだなぁ…と思いました。そして、どんなに時代が変わっても、変わらな
 いものの美しさがある、と漠然と考えたひとときでした。変わるのは、受け取
 る人の心構えなのだなぁ…と。
 
 
 
 ■ 今週号目次 ■
 ・「一貫性を持ち続ける」藤田理麻さん(アーティスト)
 ・宇都出さんの小冊子『高速大量回転法による、資格試験・超短期合格法』
      
 
 
 
 ■ 藤田理麻さん ■
 
 
 ニューヨーク在住のアーティスト、藤田理麻さんは、昔からのおつきあいがあ
 る方です。独特の感性で、様々な表現方法を持つ方です。絵の中に表現される
 彼女の独特の世界は、夢の中に出てくるイメージを、誠実に紙の上に載せてい
 るという感じです。自分の内面表現の媒体としての絵を描き、個展をはじめ、
 最近はメディアでも多く取り上げられるようになってきました。フジテレビの
 『ワーズワースの庭で』を皮切りに、現在は、たくさんの雑誌に連載を持ち、
 活躍しています。最近の活動では、チベットの孤児たちに、ボランティアで絵
 本をプレゼントし、国連からも認められたと聞いています。
 
 
 毎年、新宿の伊勢丹本店で個展が開かれていますが、特に今年は伊勢丹が彼女
 のデザインによるオリジナル商品を作り、販売するというスペシャルな企画が
 あるのです。
 
 私は過去に百貨店との取引の経験もありますが、百貨店の中でも、特に伊勢丹
 がアーティストを取り上げ、オリジナル商品を開発して販売することは、アー
 ティストにとってはすごい事なんです。しかも百貨店の責任でそれを行うとい
 う事はめったに無い事です。
 
 以前から理麻さんが、絵画以外のものも作って販売したい、というビジョンを
 持っていたのを知っています。それをこんな形で実現させる、着実にビジョン
 を現実にしている理麻さんに勇気付けられる思いです。
 
 
 今年の個展は「ネオ・ジャパネスク」と題して、新宿伊勢丹本店で行われます。
 期間:9月18日(木)〜30(火)
 http://www.isetan.co.jp/icm2/jsp/store/shinjyuku/news/art/index.jsp
 
 
 
 学生時代からの理麻さんを知っていますが、理麻さんがここまでになられたの
 は、彼女の「一貫性」にある、と私は思っています。アーティストとしての「
 一貫性」(alignment)をプロになってからずっと持ちつづけている本当に美
 しい精神の持ち主です。(見目形もとても美しい方です。)
 
 いつも順風満帆ばかりではなかったと思います。時には、苦しい状況もあった
 でしょうし、精神的に大変な時期もあったのではないか、と推察します。それ
 でも、今輝いているのには、そうなるだけの信念と、それに基づく継続的な行
 動があったから、と思います。
 
 
 ■「一貫性を持ち続ける」■
 
 ロジカルレベルで見てみましょう。
 ロジカルレベルをもう一度簡単に説明します。
 
 個人や集団の中での作用のレベルの階層構造としてディルツ氏が体系化したも
 のがロジカルレベルです。ロジカルレベルには6つのレベルがあり、上位のレ
 ベルの変化は必ず下位のレベルに影響し、何らかの変化を起こします。逆に下
 のレベルの変化は上のレベルに影響を及ぼす事もありますが、必ずしもそうな
 るとは限りません。
 
 このレベルとは、上から、
 
  1.スピリチュアル
  2.自己認識(アイデンティティー)
  3.信念・価値観
  4.能力
  5.行動
  6.環境
 
 です。「スピリチュアル」は、個人としての意識を超えて、大自然や宇宙との
 つながり、大きなシステムの一部であるといった感覚のレベルです。「自己認
 識(アイデンティティー)」は、自分は誰なのか、自分の存在理由、使命、を
 意識するレベルです。「信念・価値観」は自分が大切にしている事、信じてい
 る事、時には思い込みもこれに含まれます。「能力」は、可能性、技術、戦略
 といったものも含みます。
 
 ロジカルレベルのさらに詳しい説明はこちらから
 http://www.wellspring.co.jp/mailmagazine/vol_0004.htm
 
 
 
 藤田理麻さんは、自分のスピリチュアルな世界をストレートに受け入れ、それ
 を行動レベルや環境レベルに素直に表現しています。藤田理麻さんを観察する
 と、こんな風に見えます。
 
 1.スピリチュアル: インスピレーション、夢とつながる
 
 2.自己認識(アイデンティティー): スピリチュアルな世界とつながる人、
   素直に表現する人、「アーティスト」
 
 3.信念・価値観: 未知の世界を見ることを大切にしている。人とつながる
   ツールとしての絵。自分の内面に誠実に表現することが大事。相手も自分
   も両方大切にする。
 
 4.能力: 絵の技術、様々な表現方法、英語によって世界中で活躍できる。
 
 5.行動: 絵を描き続ける。作品に対して納得いくまで細部にこだわる。
 
 6.環境: 藤田理麻の世界を展開
 
 
 個展会場にいらした方は、おわかりになると思いますが、会場に入った途端に
 彼女の世界に包まれるという体験をします。
 
 
 今回伊勢丹から届いた案内の中で、「掲載商品についてのお詫び」という紙が
 ありました。藤田理麻オリジナルのカフェオレのボウルがイメージと異なって
 できあがってきたので、商品化できなくなったという案内でした。
 
 
 私自身のもの作りの現場経験から、この「お詫び」が決まるまでに様々な紆余
 曲折、内的、外的な葛藤があったろうと想像できます。一旦でき上がった商品
 に対して、商品化しない、という結論を出し、関係者がそれに同意するに至ら
 しめた根本にあるのが彼女の「一貫性」だったのだろうと思います。
 
 
 この件に関しては、その後の多くの反響により、新しいカフェオレボウルが作
 り直されるそうです。ここでも藤田理麻さんの信念を忠実に貫く姿を感じまし
 た。
 
 
 このロジカルレベルに基づく「一貫性」は、芸術の世界だけの話ではなく、ビ
 ジネスの世界においても同じであると思います。
 
 
 必要なものだけを残す=何が大切かを知っているからこそできます。
 一つのことを探求し続ける=継続が力となる生き方です。
 
 
 「一貫性を持つ」「こだわりを持つ」ことは、自分の価値観に基づいた洗練で
 す。
 
 
 藤田理麻さんのホームページ:
   http://www.rimafujita.com/
 
 
 
 
 ■宇都出さんの小冊子『高速大量回転法による、資格試験・超短期合格法』■
 
 
 NLPの仲間でメルマガ「本当に1ヶ月でCFP(R)試験に一発合格した方法」筆者
 の宇都出さんの小冊子です。
 
 参考書や問題集をたくさん買っただけで合格に一歩近づいた気になっていた、
 そんな私にとって、目からうろこの一冊です。
 
 受験対策にとどまらず、本の読み方の革命という感じがしました。
 
 そしてこれは、全ての観念に関してもつながり、自分が「こうなのだ」と頑な
 に思っていることもちょっと角度を変えると道が拓ける…という感じがしまし
 た。
 
 私の子供たちにも、受験対策として、またそれ以上に、一生使える本の読み方
 として、ぜひ読ませたい一冊です。
 
 http://www.utsude.com/Kosoku_Tairyo/Kosoku_Tairyo.htm
 
 
 


■WellSpringからお知らせ■

 
 ◆わが社バイブル作成サービス◆
 
 WellSpringがあなたの会社のバイブル作りをお手伝いします。
 
 詳細はこちらをご覧下さい。
 http://www.wellspring.co.jp/bible.htm
 

 
 ◆小冊子『社長の冒険:旅のガイドブック』◆
 
 冒険の旅を行く社長の皆様のお伴として、困難に立ち向かい問題を解決
 し、ビジョンを達成するためのツール(エクササイズ)をご紹介しています。
 必要に応じて自分の意欲を高めたり、問題を解決する時に、何回でも使ってい
 ただけるようになっています。
 
 詳細はこちらをご覧下さい。
 http://www.wellspring.co.jp/booklet.htm#form1
 
 
 
 
 今日はこの辺で。
 
 今週も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
 
 バックナンバーは私のホームページでご覧下さい。
 http://www.wellspring.co.jp/mailmagazine/index.htm
 
 ご意見、ご要望、反論、その他、ぜひお聞かせください。
 
 
 ではまた来週お会いしましょう。
 

 □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 □社長のコーチ (毎週金曜日発行)
 □発行者:WellSpring 代表 武井一喜
 □URL:http://www.wellspring.co.jp/
 □
 □このメールマガジンは、
 □『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/ ID:0000103264
 □『メルマガ天国』 http://melten.com/ ID:14882
 □『melma!』http://www.melma.com/ ID:m00097724
 □『Pubzine.com』http://www.pubzine.com/ ID:23780
 □『Macky!』http://macky.nifty.com/ ID:shachounocoach
 □を利用して発行しています。
 □
 □解除はこちら
 □『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/m/0000103264.htm
 □『メルマガ天国』http://melten.com/m/14882.html
 □『melma!』http://www.melma.com/taikai/ ID:m00097724
 □『Pubzine.com』http://www.pubzine.com/pubzy/tool/unsub.html
 □『Macky!』http://macky.nifty.com/check.htm ID:shachounocoach
 □から。
 □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□



 

HOME | WellSpringについて | お問合わせ

 
© 2003 WellSpring