ファミリービジネスコンサルティング 二代目サポート メルマガ WellSpringについて
二代目サポート
コーチング
講演・研修
無料ダウンロード
書籍・雑誌・CD
ファミリービジネスコンサルティング
メルマガ
ニューロロジカルレベル
スタッフ
WellSpringについて
お勧めリンク
お問合せ


人の持てる力を 100%発揮させ、会社のビジョン、ミッションの達成をコーチング、NLPに基づくトレーニングを通してサポートする。
実体験を生かし、二代目、三代目経営者をサポート

 WellSpring
(ウエルスプリング)

 

ビジネス本ランキング


ニューロロジカル レベル

ニューロロジカルレベルはNLP Universityのロバートディルツ氏がまとめた、階層構造モデルです。

ディルツ氏は人類学者のグレゴリーベイトソンの学生でした。ベイトソンが定めた学習と変化における4つの基本レベルを、さらに個人や集団の中での作用のレベルの階層構造としてディルツ氏が体系化したものがロジカルレベルです。

ディルツ氏の体系には6つのレベルがあり、上位のレベルの変化は必ず下位のレベルに影響し、何らかの変化を起こします。逆に下のレベルの変化は上のレベルに影響を及ぼす事もありますが、必ずしもそうなるとは限りません。

このレベルとは、上から、
1.スピリチュアル、
2.自己認識(アイデンティティー)、
3.信念・価値観、
4.能力、
5.行動、
6.環境です。

「スピリチュアル」は、個人としての意識を超えて、大自然や宇宙とのつながり、大きなシステムの一部であるといった感覚のレベルです。

「自己認識(アイデンティティー)」は、自分は誰なのか、自分の存在理由、使命、を意識するレベルです。Who?(私は誰?)に対する答えでもあります。

「信念・価値観」は自分が大切にしている事、信じている事、時には思い込みもこれに含まれます。 Why?(なぜそれが大切か?)に対する答えでもあります。

「能力」は、可能性、技術といったものも含みます。 How?(どのように?)に対する答えでもあります。

たとえば、誰かがあなたにこのように言ったとします。一つずつ想像してみて、
どんな感じか、試してみてください。

あなたの環境は素晴らしい。
あなたの行動は素晴らしい。
あなたは素晴らしい能力を持っている。
あなたの価値観は素晴らしい。
あなたは素晴らしい存在だ。

おなじ「素晴らしい」という評価の言葉ですが、どのレベルに対して言っている
かで受け止めた時の感覚の違いに気付かれたでしょうか?

カウンセリングの中でもこのレベルを意識しながらクライアントに質問をしてい
く事でクライアントの意識が変わっていくことが多々あります。

このモデルは組織にも当てはめる事ができます。企業に当てはめた場合、「自己認識」と「信念・価値観」はミッションステートメント、企業理念として表すことができます。また、「能力」、「行動」、「環境」は事業計画や、経営計画として表現されるものです。

 

 

HOME | WellSpringについて | お問合わせ

 
© 2003 WellSpring